小学生のわきが手術でした

今日は小学生のわきが手術でした。

アポクリン腺は見かけ上は密集状態ではないものの広範囲にしっかりありました。

アポクリン腺をしっかり除去すると

ピンク色の部分がアポクリン腺を除去した範囲ですが体格に比べてかなり広範囲なケースです。

小学生でも当院でワキガ手術を受けられてワキガが再発された方はこれまでおられません。

PRP3ヶ月診の方も満足されていました

PRPは治療直後から効果を感じられますが、完成には数か月かかります。

今日の3ヶ月検診の方も目の下のくぼみもほうれい線も改善し、『満足しています』と喜ばれていました。

若返り治療の中でもPRPは『満足しています』とおっしゃっていただける確率が非常に高いと思います。

中学生のワキガ手術:なぜワキガが再発しないのか

当院では小中学生のワキガ手術もたくさん行っています。

『小中学生は手術してもワキガが再発する』と説明して手術をしてくれないクリニックがほとんどだと思います。

当院では日常的に小中学生のワキガ手術を行っていますがこれまで再発された方はおられません。

今日も中学生のワキガ手術でした。

アポクリン腺は広範囲にたくさんありました。

なぜ再発しないのか 

それはアポクリン腺をすべて取り切っているということにつきます。

右ワキの全体像は

今回アポクリン腺を除去した範囲をわかりやすいように赤く囲むと

広い範囲にアポクリン腺が存在したため、除去した部分も広範囲です。

中学生だから狭いはずと狭い範囲しか除去しなければワキガは治りません。

例えば次の緑の枠内しかアポクリン腺を除去しなければ、赤の枠と緑の枠のあいだの黄色い斜線の領域はアポクリン腺が残ってワキガの臭いが残ることになります。

当院では他院ワキガ手術後の再発の手術もたくさん行っていますが、このように範囲が足りないケースであったり、除去している部分もアポクリン腺がきれいに取りきれていないため再発が起こっているのです。

また正確には再発ではなく、もともと取り残しているのです。

アポクリン腺を目で確認しながらきちんと除去すればワキガは治ります。

 

 

四国の方のワキガ手術:こんな風に完全にアポクリン腺を除去します

今日は四国の方のワキガ手術でした。

切開してアポクリン腺を露出

これは切開したところ付近のアポクリン腺です。

これを丁寧に除去すると

全体像を見ると

ピンク色になっているところがアポクリン腺を除去した範囲です。

外観からアポクリン腺が存在すると予想した範囲の真ん中付近を切るのですが、切開部分が真ん中ではなく片寄っているのは目で確認しながらアポクリン腺を除去しているので外観から予想した範囲より写真の右側方向にアポクリン腺が広く存在し、それもすべて除去したために結果的に切開線が真ん中でなくなっているのです。

つまり外観からアポクリン腺の範囲は正確に判断できないということを意味します。

だから直接目でみる剪除法でしか確実にワキガを治せないわけです。

またアポクリン腺の除去は端っこまできちんと行います。

内側の端

外側の端

要は先の写真のピンク色になっているところがすべてこのように丁寧に汗腺が除去されているのです。

あとはきれいに縫い合わせます。

これで1度の手術を行うだけで、ワキガは再発することなく完治します。

 

ウルセラとPRPの3ヶ月後検診 よく効果がでていました

ウルセラとPRPの3ヶ月検診の方がおられましたが、しっかり効果がでていました。

PRPもウルセラもどちらも強力な治療なので、併用すると相乗効果があります。

モニターになっていただけると写真がだせていいのですが、みなさん人に知られず若返りをすることを希望されているのでなかなかモニターにはなっていただけません。

 

島根の方のわきが手術

今日は島根の方のわきが手術でした。

わきに切開を加えて、内部を観察し、剥離を加えてアポクリン腺を露出したところです。

大量のアポクリン腺です。

取り残しのないように汗腺部分を丁寧に除去すると次のようになります。

これをわきのアポクリン腺が存在する範囲すべてに行っています。

これでわきがに悩むことはなくなります。

 

ウルセラとPRPがあればもう手術は必要ない?!

ウルセラとPRP治療後の8ヶ月目の検診のエピソードです。

経過記録のための写真をスタッフが撮影した時にあまりの若返り効果に驚いたようです。

診察前の僕への申し送りの時に『10歳以上若返られています』と驚いた様子で申し送りがありました。

診察させていただくと本当にすごい若返り効果でした。

ウルセラとPRPがあればもう手術は必要ないかも?!

今日も丁寧に再発をさせないワキガ手術を男性に行いました。

今日は男性のワキガ手術でした。

剪除法では目で見てアポクリン腺の範囲を確認します。

今回のアポクリン腺も多量です。

アポクリン腺をすべて除去

アポクリン腺が広範囲に認められたため、手術も広範囲になり、約4時間半かかりました。

手術時間は短い方が手術をする側も当然楽ですが、手術時間を短くするには範囲を狭めるか、きれいに治すための処置を省略するかになります。

つまりアポクリン腺をとりきらずにある程度のところで仕方ないと割り切るのか、綺麗に治すことはあきらめることになります。


でも自分が現状ベストな方法だと思っていて手間を惜しまなければそれができるのにそれをしないという選択は僕にはありません。


このため再発のないようにきちんとアポクリン腺を除去する丁寧に手間をかけた手術を皆さんに行っています。

パナソニックのコーヒーメーカーでコーヒーを多めに作るテクニック

かなり前からあるパナソニックの定番のコーヒーメーカーでのコーヒーの作り方の話です。

型番は何度も新しくなっていますが、基本構造はずっと前からかわっていません。

きっと完成度が高いからかえる必要がないということですね。

コーヒー豆を挽いてから抽出まで全自動でできるので香り高いできたてのコーヒーが楽しめます。

唯一足りないことがあるとすれば、1回で作れる量がコーヒーカップ5杯までなので、大ぜいで飲む時やマグカップで飲む時に量が足りないことがあることです。

1度にできるだけ多く作りたいので、コーヒー豆の量や水の量を増やして作るのですが、多く作るとミルと紙フィルターのあいだの金属の網目のところにコーヒーが詰まってそこにお湯が溜まってしまって、吹きこぼれてしまうことがあります。

これを防ぐにはその網目をしっかり掃除しておくこととスイッチを入れてミルをかける(コーヒー豆を挽く)時にその金属の網目付近の横をたたいて振動させて、コーヒーの粉を紙フィルターにスムーズに落とすようにします。

すると吹きこぼれることを防ぐことができます。

いつもは5の目盛りでなくその上の5杯半くらいの位置まで水を入れて作っています。

ただパナソニックが推奨していることではありませんので、何か不具合が起こっても責任は持てません

でもこの方法で特に問題なくコーヒーを作れています。